rohs指令

お知らせ

PAHs

多環芳香族炭化水素(PAHs)は、燃焼時に副産物として発生する化合物で、原油中に存在しており、ベンゼン環を2つ以上有する芳香族炭化水素の総称です。

PAHs には発がん性や内分泌撹乱作用、遺伝子変異性など、有害な作用を引き起こす原因のひとつとされております。排ガスが多く放出される工場地帯や、自動車の排気ガスなど、PAHsを含む大量の排煙による肺がんや喘息等の疾患の増加が懸念されています。

無料お見積もりはこちらから